nlpとはなんぞや|人の思考や行動を制御できる心理学を学ぼう

講義

nlpトレーナーを目指す

セミナー

nlpトレーナーを目指す場合はまずプラクティショナーとしての資格を習得し、その後マスタープラクティショナーの資格を取得しなければなりません。
プラクティショナーはnlpの知識を修得した方に交付される資格であり、この資格を持っていれば一般的なnlpトレーナーとして活躍することが可能になります。一方マスタープラクティショナーはnlpトレーナーの上位にあたる資格であり、この資格を習得している方はトレーナー育成を行なうことが可能になります。一般的なトレーナーとしての資格を持っておきたい方はプラクティショナーコースを、より上の資格を求める方はマスタープラクティショナーコースを選ぶことでそれぞれの目的に合った資格を習得するようにしましょう。

nlpトレーナーとしての知識や技術を身に付ければ、有名人の方をnlpトレーナーとしてサポートしたりすることが可能になります。
アメリカの大統領やプロのスポーツ選手などは自分の持つ能力を最大限に発揮できるようにとnlpトレーナーを雇う事が多く、高い能力を持ったnlpトレーナーの方にnlpの依頼を行なうことが多いです。他の人をnlpトレーナーとしてサポートしたい場合は、nlpに関する知識や技術をより高めていけるようにしましょう。またnlpはビジネス面でも役立つスキルのため、医師や看護師として働く方にもnlpトレーナーの資格を習得する方は増えてきています。セラピストや弁護士の方にも有効な資格なので、機会がある場合はnlpトレーナーの資格を習得しておくようにしましょう。